アドハウスパブリック
CONTACT
MAIL MAGAZINE
RECRUITING

『親密性』の特徴&活かし方【ストレングスファインダー®資質解説】|ALL BRANDING WORKS

26_Relator.png

『親密性』をGallup認定コーチが解説。強みの伸ばし方、注意点に加え、『親密性』をもつ人や上司・部下間のコミュニケーションの“コツ”をお伝えします。

『親密性』は深く強い関係性を築こうとする人。裏表がなく、信頼できる“大切な人”をつくります。その詳細を、5,000人以上、100社以上のストレングスファインダー研修から得た経験と知識、個人・チームどちらにも活かせる内容を交えてお届けします。

 

 

『親密性』はこんな人!

『親密性』とは深く強い関係性を築こうとする人。裏表がなく、信頼できる“大切な人”をつくる。

親密性:Relator <人間関係構築力> TOP5出現率ランク:[日本]13位 [世界]4位

誠実な人付き合いをしたい人です。交友関係は狭く深いタイプ。 “人中心”の考えで、大事な人との関わりがエネルギーの源になります。

 

資質の特徴とは?

親密性
  • 狭く深いコミュニケーションを好む

  • 1on1や少人数でのコミュニケーションが得意

  • 嘘がなく、誠実な付き合いがしたい

  • 初対面や大人数の場では緊張しやすい

  • 心が許せるまでに時間がかかる。排他的な面がある

  • 相手のことを知りたい一方で、自分のことも知ってほしい

  • “人中心”の考え方。何をするかより、誰と働くかが大切

  • 上辺の関係や、薄情な人が嫌い

人と深く密接なつながりをもとうとします。 相手は誰でも良いわけではなく、思いやりや信頼を感じられ、裏表のない関係性を築ける人。を選びます

初対面の人と仲良くなるまでには時間がかかります1人ずつ丁寧に付き合っていきたいと考えており、「この人と深い関係性が築けるか?」を見極めようとするからです。何度か顔を合わせたり、コミュニケーションを通じてお互いのことを知ることで、心の壁がなくなり親しくなっていきます。

運命思考_包含.jpeg

つながりの深い人や、既に知り合っている人を優先するため、排他的・派閥的な動きをとることもあります

逆に、“私の『親密性』の輪に入ってOK!”を出した人とは、つながりを深めていこうとします。好きになった人や大事な人には、とことん尽くします。自然と相手に「良くなって欲しい」「ためになることをしたい」と思い、行動します。

『親密性』の人は、“人中心”の考え方をして、生活を組み立てようとします大切な人たちとの関わりや時間が、自分のエネルギーになるからです。そのため、忙しさにより人との関わりが薄れるときほどスケジュールを調整して、会いたい人や大切な人との接点をもつようにしましょう。1人の時間が続くと、エネルギーが枯渇してしまいます。

協働を楽しみ、チーム活動を好む人も多い傾向があります。大事な仲間やクライアントのためなら、苦労を苦労と思いません。仕事においても、何をするかよりも“誰とするか”が重要になる人です。自分のエネルギーや情熱が湧く人や、仲間を見つけられると良いでしょう。

一方で、貢献心が強いのは良いことですが、自己犠牲的な行為や、相手の負担になるような行動には注意が必要です。

『親密性』の特徴に、“双方向性”を求める点があります相手のことをもっと知りたいと思うと同時に、相手にも自分を知って欲しいと考えます。また、関わりの中で熱量の違いや、精神的つながりに敏感になります。1人でなく、相手と“一緒に”過ごしている感覚や、行動や感情のキャッチボールを求めているのです。

AdobeStock_436656342のコピー.jpeg

交友関係は、狭く深いタイプです。社交の場など、新しい人との出会いに緊張や不安感を持ちやすい傾向があります。人見知りであったり、初対面の人には冷たい対応をとってしまうこともあるでしょう。『親密性』が高い方がセミナーにお越しになるときも、だいたいはじめは目線を合わせてくれません。

筆者も『親密性』がTOP2にあるので、非常に気持ちが分かります。初対面の人が大勢いる場や、自分から声を掛けなければいけない異業種交流会・商談会などは、特に緊張します。いつもよりもエンジンギアを上げて、気合を入れて挑みます。その代わり、苦労してでも相手のためになったり、喜んでもらえたら、全ての苦労が一瞬で吹き飛ぶほど嬉しくなります。

『親密性』の人は、大人数が苦手です。少人数で、気心が知れている人と一緒にいたい人です。大勢いる中で関係を深めたい人がいる場合は、少人数のコミュニケーションに持ち込みましょう。できれば1on1が良いです。あなたが相手と向き合い、良く知る機会を作ることで、関係性構築の一歩を踏み出しやすくなります。

 

『親密性』のバルコニー・ベースメント

ストレングスファインダーの資質1つ1つに2面性があります。才能が開発されて、長所や自他に良い影響を与える「バルコニー」の状態。もう1つが、未開発で短所として使われている「ベースメント」の状態です。

ここでは『親密性』のバルコニー/ベースメントの“あるあるネタ”をご紹介します。


✓『親密性』のバルコニーと伸ばし方

AdobeStock_295347907.jpeg

●信頼できる人たちと過ごす 仕事もプライベートも、“誰と過ごすか”が大切です。信頼や安心できる人と過ごしましょう。仕事においては、あなたの貢献心・やる気が高まる相手や分野を見つけましょう。「役に立てて嬉しい」という気持ちが、満足感やモチベーションアップにつながります。

●チームの協働姿勢をつくる 人と力を合わせて働くことが好きです。役に立ちたい気持ちが強く、面倒見も良いでしょう。相手やチームについて深く知るほど、関心や貢献意欲が高まります。目標を聞いたり、何がモチベーションになるのかを知り、メンバーやチームのサポートに活かしましょう。

●親しい人と過ごしてエネルギーチャージ 『親密性』をもつ人の生活の中心は、“人”です。人との関係性がうまくいかないときや、1人の時間が長く続くと、エネルギーが失われていきます。忙しくても、友人や家族・大切な人との時間を設けるのがオススメです。直接会えなくても、連絡を取り合うだけでも良いでしょう。


✓『親密性』のベースメント

AdobeStock_109355574.jpeg

●派閥をつくったり、排他的になりがち 狭く深い人間関係を好みます。人に対して、自分の尺度で親密度を測っています。まだ関係が浅い人や信用できない人に対しては、心の壁を築いたり遠ざけようとしてしまうことがあります。声を掛けにくい空気を出したり、相手に不快感を与えないように注意しましょう。また、えこひいきにも気をつけましょう。お客様が同じ料金を支払っているのに、サービスに大きな差が出てしまうと問題です。

●見返りを求めすぎてしまう 相手と対等な付き合いを求めます。また、深いコミュニケーションや、自分から関わりを持つ以外にも、相手からのアクションも欲しいと感じます。「私に興味を持ってもらえていない」「私はこれだけしてあげたのに、何もしてくれない!」など、見返りや反応を求めすぎることがあります。また、相手が図らずも、“裏切った”と感じることもあります。対話の中で、誤解を解消していきましょう。

 

『親密性』の活かし方・モチベーションのありか

資質を強みとして使い、生産的・安定的にパフォーマンスを発揮するようになるには、資質の深い理解と経験と知識を重ねながら、シチュエーションや条件、ベースメントの抑え方をマスターするなど、再現性を高めていくことが大切です。

『親密性』のモチベーションスイッチが入りやすいポイントを理解すると、スムーズに本来の力を発揮できるようになります。

ここでは一例をご紹介します。 ご自身で挑戦してみるもよし、『親密性』が高い人に対して試してみるもよし。ぜひ活用して、自分なりのスイッチの押しポイントをつかみましょう。

『親密性』の活かし方・モチベーションスイッチ例

 □ 長い付き合い・関係性を築く  □ 人の性格やタイプを理解したいとき  □ 親身に相談にのる  □ 誠実な対応を求められるとき  □ 協力体制を築く  □ 心を許せる大切な人や、仲間がいること  □ 大事な人たちと時間を過ごすことでエネルギーが湧く  □ お互いを知る機会をつくる、コミュニケーションをとる

これらは一例です。

『親密性』と併せもつ上位資質によっても異なります。ぜひ、ご自身なりの得意技の繰り出し方を研究してみましょう。

『親密性』は、安心できる人間関係によって満たされ、パワーが出ます。大事な人との関わりや、役に立てた喜びによって、幸せや充実感が得られます。上記のような工夫を、できるだけ取り入れてみましょう。

人と仲良くなるには時間がかかるタイプです。ストレングスファインダーの資質の中には、人との交流が得意な資質がいくつかあります。

【影響力】の資質の中でも、『社交性』の人は新しい人との出合いを楽しみ、自ら声を掛けにいくことができます。また、「コミュニケーション」の人も、会話を自然とはじめることができるため、一緒にいることで、初対面の人と話すきっかけが生まれやすいでしょう。

【人間関係構築力】カテゴリーの資質は、ほぼ該当します。中でも『包含』は、人に差をつけずに誰でも輪に引き込もうとします。コミュニティの結束力を高めるのが得意です。『運命思考』の人も、人と人とを仲介するのが得意です。『個別化』の人は、相手の性格や特徴を理解することに長けています。これらの資質をもつ人の協力を得ることで、関係性が築きやすくなるでしょう。きっとうまくサポートしてくれますよ。

 

3、『親密性』的リーダーシップのとり方(マネジメント活用)

『親密性』を上位にもつマネージャーが、リーダーシップや部下育成に資質を役立てていく際に、得意なスタイルがあります。

①信頼関係構築 ②思いやりの示し方 ③安定感の生み出し方 ④希望の与え方と注意点 こちらの4つのポイントに沿ってお伝えしていきます。

 

✓『親密性』マネージャーの得意なリーダーシップ

AdobeStock_438829318.jpeg

①信頼関係構築:継続的な関係性を築く 人と深い関係を築くことができます。相手とコミュニケーションの頻度を高めたり、丁寧に付き合うことができます。お互いが心を開き、信頼し合えるよう働きかけていきましょう。

②思いやりの示し方:親しみを感じる対応 日頃から相手の様子を気に掛け、小さな変化も見逃しません。声を掛けるなど、コミュニケーションを図りましょう。関心をもっていることが相手に伝わるでしょう。

③安定感の生み出し方:面倒見の良さを発揮 仕事の相談に応じたり、職場以外でも食事に行くなどして、時間を共有しましょう。あなたの存在が頼りになります。中には、公私にわたって良い関係性を築ける人もいるでしょう。

④希望の与え方:良きアドバイザーになる 高い伴走力があります。メンバーの目標達成のサポートをしたり、1on1などで業務の課題や不安を解消するために話し合いましょう。大人数よりも、なるべく1対1で話しましょう。

 

✓『親密性』マネージャーの注意点

AdobeStock_429998490_2.jpeg

①チームで派閥を作らない 親しいメンバーとそうでない人とで、対応にムラが出てはいけません。派閥やえこひいきに注意しましょう。指導の質、関わる頻度、態度が適切か、マネージャーという自身の役割から客観的に見直してみましょう。メンバーに対して平等に接するべきです。

②冷たい対応で壁を作らない 「心を開いてもらえない」「冷たい人だ」と思われるかもしれません。仕事中は雑談などがしにくく、お互いの人となりが分かりにくい環境もあるでしょう。意識して話しかけやすい空気をつくるようにしましょう。自分を知ってもらうためのツールをつくるのもオススメです。

『親密性』のマネージャーは、継続的な人間関係を築き、メンバーの成長に意欲的に貢献することができます。

相手の人間性を知る洞察力ももっています。少人数のコミュニケーションが得意なので、場面によって対応する人数を調整し、対応していきましょう。

 

4、『親密性』資質のまとめ

『親密性』資質の特徴と活用方法のまとめ

『親密性』とは... 深く強い関係性を築こうとする人。裏表がなく、信頼できる“大切な人”をつくる資質です。

こんな風に能力を発揮! ● 信頼できる人たちと過ごす ● チームの協働姿勢をつくる ● 親しい人と過ごしてエネルギーチャージ

資質を活かすためには、安心できる人間関係や仲間を作りましょう。あなたのパワーが出やすくなります。大事な人との関わりや、役に立てた喜びによって、幸せや充実感が得られます

ベースメントにはこう対処する! ● 派閥をつくったり排他的にならない ● 見返りを求めすぎない

『親密性』の資質を活かしやすい場面や仕事は、次のようなものがあります。

✓ 長い付き合い・関係性を築きたいとき
✓ 人の性格やタイプを理解したいとき
✓ 親身に相談にのる
✓ 誠実な対応を求められるとき
✓ 協力体制を築く
✓ 心を許せる大切な人や、仲間がいる環境
✓ 大事な人たちと時間を過ごすことでエネルギーが湧く
✓ お互いを知れる機会やコミュニケーションをとる
✓ 教育担当になる

参考にし、ご自身やチームのために強みを発揮できる機会を増やしていきましょう。

  最後までお読みいただき、ありがとうございます。

同じ資質を持っていても、他に持つ資質の組み合わせによって、一人ひとりの異なる使い方や、個性を生み出しています。他の資質についても、深く学んでいきましょう。

当社ではストレングスファインダーのリンクはこちら活用セミナーやチーム研修を行っています。ご興味のある方は、フォームよりお問い合わせください。

# ストレングスファインダーの活用
2022 / 9.25
CATEGORY
・ブランディングノウハウ
アウターブランディング
インナーブランディング
・ブランディング事例
新規事業開発ブランディング
リブランディング
企業ブランディング
商品サービスブランディング
店舗ブランディング
・スタッフブログ
社長の実践ブランディング日記
PICK UP ARTICLES
adh_OGP_231115_top.png
# スタッフブログ
ともに楽しみ、ともに戦い続けたい。先輩×若手デザイナーの成長記録
ARCHIVE

OTHER

adh_branding_240514_top.png
# チームビルディング
インナーブランディングとは|組織を成長させるポイントと成功事例
2024 / 5.16