アドハウスパブリック
CONTACT
MAIL MAGAZINE
RECRUITING

リブランディングとは|ブランド再構築の手法と成功事例

adh_branding_03_top.png

価値観が多様化し、さまざまな情報が溢れる現代。その中で差別化された企業や商品・サービスとして生き残っていくためには、“ブランド化”が必要不可欠です。

しかし、企業や商品などのブランドづくりは、一度完成したらそこで終わりではありません。

時代や顧客の志向が変化する中で、長く支持されるブランドであり続けるためには、適切なタイミングで再構築する必要があります。

● 今の事業サイクルに陰りが見え、将来に不安がある ● 次の段階を見据えて、さらなる発展を狙いたい

いずれの場合も、これまで構築してきたビジネスモデルやデザインを見直し、今後の成長につながるブラッシュアップを行う【リブランディング】が有効です。

ブランドを新たなステージへと導くために、リブランディングの正しい手法やポイントを見ていきましょう。




価値や魅力を見つめ直しブランドを再構築する、リブランディング。

「売り上げが落ちてきた…」 「新規事業を自力で始めてみたが、結果がイマイチだった…」 など、今感じている事業の課題をブランディングの視点で見つめ直すことで、解決策は見えてきます。

この先も選ばれ続けるためには、時代や顧客の変化に応じて事業の強みや特徴・市場・競合・デザインを見直し、強いブランドを確立する必要があるのです

事業が時代に合っていないと感じる 他社または他サービスとの競争が激しい 事業をステップアップさせたい 新たなターゲット層に向けて訴求したい 年々、人材獲得が難しくなってきている

このような課題を感じたときが、リブランディングに取り組むべきタイミングです。


リブランディングの重要ポイント

以下の2つのポイントを押さえ、スピーディーに取り組むことが成功の鍵となります。

●POINT 1_改善するべきことを明確にする 事業や会社の状況によって、取り組むべき施策はさまざまです。 例えば、以下のようなものがあります。 ✔︎ 商品やサービス内容の見直し ✔︎ ターゲット層の再設定 ✔︎ コンセプトやロゴなどの表現を刷新
●POINT 2_既存チームをうまく動かす 現在のブランドとしての活動を続けながら、並行してリブランディングに取り組みます。チームがうまく機能するかどうかが、リブランディング成功の鍵を握る重要なポイント。必要に応じて社員教育も取り入れ、チームメンバーを巻き込んで進めましょう。




リブランディングに取り組むことで、以下のような効果が期待できます。

❶新鮮なイメージに注目が集まる

デザイン表現を一新すること、商品・サービスの内容を見直すこと、ターゲットを再設定することなど、リブランディングの活動は多岐にわたります。状況に応じて適切に実施することで、既存ブランドの「らしさ」は一貫させながらも新鮮なイメージをもたらし、注目を集めることができます。

❷ターゲット層の拡大

時代の変化とともに顧客の志向は多様化し、ニーズも細分化。既存ブランドの立ち上げ時には想定しなかったニーズも生まれているかもしれません。これまでとは異なる切り口からマーケティングを行い、ブランドを見直すことで、新たな層をターゲットとして事業を展開できます。

❸営業強化につながる

見た目を刷新すること、商品やサービスの内容変更、新たなターゲットに向けた切り口を用意すること。このような取り組みは、営業のきっかけとしても有効です。顧客に新たな情報・メリットを届けることができるため、営業攻勢に出やすくなります。

❹社員のモチベーションが上がる

手法の見直しや仕組みの変更などにより、組織に新たな風を吹き込むことができます。停滞していた空気が変わり、未来に向けた良いイメージを持てることや新しい可能性が生まれることで、社員のモチベーションが上がります。

❺協力業者の増加やコラボレーションの可能性

リブランディングで切り口が変わると、ターゲットや顧客との接点だけでなく、協力業者などの関係先とも新たな接点を構築できます。ブランドの立ち位置が変わることでコラボレーションが生まれ、今までにない展開を狙うことも可能です。

❻次の新規事業のきっかけになる

リブランディングの過程で得られるさまざまなニーズやアイデアは、既存ブランドをブラッシュアップするために活かすだけでなく、新規事業立ち上げのきっかけとなる場合もあります。


【特徴1】強みを再発掘し、さらに磨きをかける

長く続けてきたブランドほど、
✔︎当事者の中では当たり前のものになってしまった
✔︎元々持っていた強みが伝わるべき人に伝わっていなかった
ということは往々にしてあるものです。

どんな事業でも必ず持っている自社だけの強みやストーリーを引き出し、ターゲットに確実に伝える施策を立案します。

【特徴2】ターゲットの再設定と顧客接点の強化

✔︎ターゲットが明確にならないまま走り続けてしまっている
✔︎時代の変化に伴いアプローチ方法が少しずつずれている
このような状況では、せっかく取り組んでいる施策が有効ではないかもしれません。

また、現状には問題がなくても、この先の成長が見込めない市場だとわかっている場合は、意図してターゲットを変更する必要があります

顧客は誰なのかをしっかりと見極めた上で、効果的に到達する接点を作ります。

【特徴3】ビジネスモデル全体で差別化する

珍しい商品や話題のPR方法など、1つの差別化ポイントだけでは、簡単に真似されてしまいます。競合に埋もれ、価格競争に巻き込まれるのは時間の問題です。

商品やサービスそのもののブラッシュアップだけでなく、顧客接点・営業手法などビジネスモデル全体で捉え、複数の差別化ポイントを組み合わせて、自分たちにしかないものに仕上げていきます

【特徴4】魅力を伝える徹底したデザイン表現

中身の充実はもちろんですが、やはり「見た目」の影響も無視できません。小手先のデザイン変更だけではターゲットに届かず、かえって逆効果。結果を出すためには、見た目を変えて人の心を一新するくらいの大きな変化が必要です。

ターゲットに合う効果的なイメージや表現方法を検証し、トータルで機能するデザインを追求します

【特徴5】社員を巻き込み、エンゲージメントを高める

リブランディングは、トップや幹部層だけで進めるのではなく、現場で動くメンバーも巻き込んで取り組みましょう。プロジェクトの早期から参加するほど、チームメンバーの目指す方向性や意識の統一を図りやすく、今後ブランドを育てていく実行段階において強力な推進力となります。

ブランドへの共感が、所属するチームや会社に対するエンゲージメントにつながります


リブランディングの主な流れ

①ヒアリング
[想い・ビジョン・狙い・強み]
②現状分析
[強み・弱み、社内の問題点分析、顧客動向、ビジョン共有]
③ビジネスモデル開発
[ターゲット設定]
[顧客導線]
[新規アイデア]
[事業計画(開発計画、運営計画、広報計画、デザイン計画)]

④ブランドチーム実行サポート
⑤デザイン
⑥広報
⑦ローンチ




写真

安心・安全・高品質なブランドイメージで、 今までにない新たな販路に挑戦。

自分たちが手がける生乳のおいしさを、消費者に直接届けたい。その想いからチーズづくりを始め、ラベルやチラシを自作して販売していた。販路が直売所に限られていたことや、飼育や牧場の管理とチーズの製造販売を両立させていく点で難しさを感じ、リブランディングに着手。こだわりの品質は変えずに、限られた生産数でも加工販売が事業として成り立つよう、価格設定や販路を選定した。より付加価値を持たせるラインナップ展開とブランドイメージを高めるデザインで、直売所だけでなく、百貨店などの販路にも対応できるブランドを目標に。メディア露出や商談会での受賞なども後押しとなり、百貨店のイベント出店から定番扱いへ、また県外の高級スーパーへも展開を拡げた。
ブランディング事例を見る ▶︎



写真

自社だけの魅力を追求し、発信する。 高級路線に絞った差別化で価格競争から脱却。

本社所在地エリアから、県内全域への商圏拡大を目指したリブランディング。ブランド成長に伴い必要性を感じていた、社内の方向性の整理も併せて取り組んだ。SWOT分析やブランド調査、ペルソナ設定などを実施し、自社の強みや打ち出すコンセプトを明確に。ブランドのあり方や会社の目指すべき方向性を定める全体会議で、社内の一体感を醸成した。ロゴ、パンフレット、封筒や名刺などのツール一式を統一して制作。魅力が明確化したことや、訴求ポイント・デザインに一貫性を持たせることができたことで、口コミや認知拡大が進んだ。年間受注棟数も大幅に伸び、ホテルやレストラン事業など、新たな事業展開にもつながっている。
ブランディング事例を見る ▶︎


写真

新たな味を生み出すブランドとして 磨きをかけながら、伝統を積み重ねる。

地元の醤油店として長年愛される誇りや、こだわりの品質を守る小さな醸造蔵の価値は変えずに、新しい客層を取り込むための商品開発に力を入れてきた。現代の食卓事情を考慮したパッケージや、主軸商品のラベルとブランドロゴのリニューアル、これまでの雰囲気とは全く異なるポップな印象の新商品など。制作にあたっては、地元で伝統の製法と品質を守りながら、時代に合わせた新しい味も生み出していくブランドとしての魅せ方を追求した。展示会や商談会で効果的に訴求できるツールも統一して制作。さまざまな商品展開とPRを通して販路を拡げ、テレビや新聞など多くのメディアでも取り上げられるなど、リブランディングの効果が出ている。
ブランディング事例を見る ▶︎



アドハウスパブリックでは、企業ブランディングをはじめ、エンゲージメントの高いチームづくり、新たな事業開発など、さまざまなサポートを行っています。

競合他社とは一線を画し、圧倒的な支持を集め、一目置かれる存在。すなわち「ブランド」として広く認知されることを目指して、今こそブランディングに取り組みませんか?

とりあえず相談してみる


# リブランディング
2023 / 12.22
CATEGORY
・ブランディングノウハウ
アウターブランディング
インナーブランディング
・ブランディング事例
新規事業開発ブランディング
リブランディング
企業ブランディング
商品サービスブランディング
店舗ブランディング
・スタッフブログ
社長の実践ブランディング日記
PICK UP ARTICLES
adh_OGP_231115_top.png
# スタッフブログ
ともに楽しみ、ともに戦い続けたい。先輩×若手デザイナーの成長記録
ARCHIVE

OTHER

adh_branding_04_top.png
# ブランディング事例
商品・サービスブランディングとは│価値を高める手法と成功事例
2024 / 2.8