NEWS

補助金最大50万円!小規模事業者持続化補助金の活用から申請までサポート致します

 

「小規模事業者持続化補助金」の申請受付が、3月から始まりました。
●会社案内や製品紹介などのパンフレット
●新商品のパッケージや販促物
●ホームページ、ネットショップ
などの制作にかかった費用の3分の2(上限50万円)が補助されます。

 

今からでも間に合います!

今年度は例年よりも公募期間が長いのが特長。
一番最終の申請締切は2021年2月5日(金)なので、これから検討しても間に合います。
(とは言っても申請にはそれなりの手順と時間が必要ですので、早めがおすすめです。)

[申請の受付締切]
第1回 2020年3月31日(火)
第2回 2020年6月5日(金)
第3回 2020年10月2日(金)
第4回 2021年2月5日(金)

 

補助金を活用して、売れる商品づくりや効果的なPRを。

販路開拓や販促・PRを強化したいけれど、費用を考えるとできることが限られる…
という時に、ぜひ活用したいのが補助金制度です。

今回ご紹介する「小規模事業者持続化補助金」は、
●パンフレット、チラシ、ポスターなどの各種販促物
●商品パッケージやラベル
●各種Webサイト、Webページ
など、
商品開発からプロモーションや広報まで、幅広い用途に使用できます。

補助額は最大50万円。
※補助対象経費75万円以上の場合、50万円補助。75万円未満の場合は、3分の2の額。
費用負担が軽減されるので、選択肢が広がるのではないでしょうか。

新規開拓営業、新商品開発、広報ツールの見直しなど、今年度特に力を入れたい取り組みはありませんか?
補助対象者(※下記参照)に当てはまる場合は、ぜひこの補助金を活用して、より効果的なプロジェクトにしましょう。

[小規模事業者の定義]
商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く):  常時使用する従業員の数5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業: 常時使用する従業員の数20人以下
製造業その他: 常時使用する従業員の数20人以下業種の区分など、詳しくはこちら

 

アイデア段階でも、お気軽にご相談ください。

「補助金を受けたいけれど、申請が大変そう…」
その通りです。いざ申請したいと思っても、手続きや条件がわかりづらかったり、事業計画などの書類を作成しないといけなかったりと、それなりに時間がかかりますし、簡単な手続きではありません。

アドハウスパブリックでは、書類作成や申請手続きのサポートも行っています。
ぜひご相談ください。

また、
「新商品のアイデアはあるけれど、具体的になっていない。」
「今のパンフレットをわかりやすくしたいが、どこを変えたら良いかわからない。」
「ホームページリニューアルのアドバイスが欲しい。」
「ネットショップをはじめたいけれど、何が必要かわからない。」
など、詳細がまだ決まっていない場合も多いと思います。

弊社では、各種ツールのデザインはもちろんのこと、商品開発や企画、新規プロジェクトのマネジメントなども承ります。

大まかなアイデアや最終的に実現したいイメージなどの段階でも結構です。ご希望や現状について詳しくお伺いした上で、具体的な実行プランを組み立てて行くことができますので、お気軽にお問い合わせください。

◎電話でお問合せ: 025-250-7578 [平日 10:00-18:00 ]
◎お問合せページへ >>

> WORKSへ