What’s “ad house public”

「すべての人が、自分らしく輝く社会をつくる」
という想いが、アドハウスパブリックの根幹にあります。

すべての人の個性が輝き、自立した社会をつくるためには、
中小企業が独自の強みと個性を持ち、力強く世の中に屹立することが大事だと考えています。
そして、強く魅力的な企業をつくり上げるのは、働いている人たちです。

一人ひとりが自分の力を最大限に発揮する。
自分の才能や個性を存分に生かし、楽しむ。
ともに働く仲間を認め合い、協力し、想いを1つに目標へ向かう。
そして、達成を心の底から喜び合う関係性を持ったチームとなることで、
やりがいと充実感を得られる最高の人生になります。

“会社”が、“個人”が、輝きを放ちはじめるその瞬間に、ひとつでも多く出会いたい。
ブランディングを通して、中小企業を元気にしたい。
そこで働く人々が、楽しさ、充実感、生きる喜びを感じられる社会を、
みなさんと一緒につくり上げていきたいと思っています。

  • [  VISION  ]

    私たちが描く未来

    Branding All Life

    すべての企業と、すべての人が、
    自分らしく輝く社会をつくる

  • [  MISSION  ]

    私たちの使命

    オンリーワン企業を1,000社つくろう

[  VALUE  ]

私たちの価値観
  • 実戦主義

    知識も技術もノウハウも、すべては実戦で活かすため。常に具体的なゴールを設けてアクションの実現に努めます。

  • チーム主義

    社員を巻き込み、共通の目標をしっかりと握り合って、全員一丸で達成に向かう最高のチームづくりのサポートをします。

  • 品質主義

    クリエイティブアワードを多数受賞した実績を持つ高品質なデザインで、ブランド価値を最大限に高めます。

  • 絶対差別化

    持っている強みを徹底的に引き出して差別化を図り、他に追随されないオンリーワンの事業を生み出します。

  • 顧客視点

    御社の顧客がどう感じるか、どう観るか。すべては、カスタマー側の観点を判断基準とします。

[  PUBLIC WAY  ]

私たちの行動指針
  1. 「お客様」と「チーム」に
    貢献する。
  2. お客様の満足を、
    必ずかなえる。
  3. 学びつづけ、
    生かす。
  4. 実戦にこだわり、
    結果を出す。
  5. 仕事を楽しめ。
    仲間と楽しめ。
TOP MESSAGE

ブランディングの光を届け、​
すべての働く人の幸せをつくる。

ブランディングの光を届け、​すべての働く人の幸せをつくる。

少子高齢化による消費者や労働観の変化、市場・購買環境の多様化、
また迫る第4次産業革命など時代は今大きく変わり始めています。
このような時代こそ、自身の強みとなる核を持ち、変化に対応していく必要があるのではないでしょうか。

ブランディングには、大きく分けて2つの役割があると思います。
一つは経営者・企業が培ってきた歴史・想い・技術・サービスを事業の形にし、
魅力的に顧客の方々へ届けること。
もう一つは、社内の方々に対して働く誇りや希望をもたらすことができることです。

すべての地域・企業・商品・サービス、そして人。
その中には必ず光る個性が存在します。

人それぞれが持つ本来の個性や輝きを活かし、存分に人の役に立とうとするところに、
人間の理想の働き方=幸せがあると私達は信じています。

個性を尊重し、対話と理解をうながし、貢献をテーマに組織を一丸にし、
その魅力を事業という形に乗せて顧客へ届けるブランディング。
ブランディングの力は偉大です。
そして中小企業・個人事業主にこそ、
ブランディングは必要です。

皆様の事業の成功をともに願い、その一翼を担うことができればそれが私達の幸せです。
​皆様のブランド化を成功させましょう。

代表取締役 関本 大輔

会社概要
会社名
株式会社アドハウスパブリック
所在地
[  本社  ]
google map 〒950-0943 新潟県新潟市中央区女池神明3-4-9
TEL 025-250-7578 FAX 025-250-7538
[  京橋オフィス  ]
〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン3階 サウス棟 SENQ京橋
TEL 070-2791-1285 FAX 025-333-0255
[  東十条オフィス  ]
〒114-0001 東京都北区東十条3-10-36
TEL 03-5843-9822 FAX 03-5843-9828
設 立
1974年4月
資本金
2,000万円
代 表
関本大輔
社 員
24名(2019年8月現在)
沿革
1971年
デザイン関本を創業
1974年
株式会社アドハウスパブリックを設立
1984年
新潟市亀田に本社施設竣工
1997年
関本恵子代表取締役社長就任
2000年
新潟市中央区八千代に本社移転
2003年
東京都新宿区に東京出張所設立
2010年
東京出張所移転/第一回にいがた青空市場開催
2012年
関本大輔代表取締役社長就任
新潟発ブランド「越後雪室屋」立ち上げ
2017年
新潟市中央区女池神明に本社(Area Flow)移転
新事業「ALL BRANDING WORKS」をスタート
事業内容
事業構築
  • スタートアップ
  • リ・ブランディング
  • 組織・団体構築
開発
  • 商品開発
  • サービス開発
  • 店舗開発
会社・事業・地域の魅力アップ
  • ブランド力向上
  • 採用力向上
  • 社内活性化
生産性向上
  • 社員の能力の見える化と向上
  • コミュニケーション向上
  • チーム力の向上
デザイン
  • 企画・構成・取材
  • ロゴ
  • タグライン
  • ネーミング
  • コピーライティング
  • パッケージ
  • 撮影
  • 理念・ビジョン・行動指針作成
  • ホームページ
  • 会社案内
  • 商品リーフレット
  • 製品カタログ
  • チラシ・フライヤー
  • 社史
  • CM
  • 商品紹介映像
  • リクルート映像
研修・ワークショップ

ブランディングワークショップ (強み発見・事業構築・チーム構築・実行計画立案)
チーム事業開発スプリント (事業開発・商品開発・問題解決・マーケティング・営業計画)
ペルソナワークショップ (自社ターゲット調査・明確化・マーケティング・営業計画)
ストレングスファインダー
  ❶ 社員研修 (自己理解・他人理解・能力向上・違いの理解・コミュニケーション向上)
  ❷ 管理者研修 (業務効率化・適材適所・コーチング技術指導・チームビルディング)
  ❸ コーチング (能力の発揮・目標達成指導)
  ❹ 業務効率化・適材適所ワークショップ (業務明確化・効率化・人材配置)
エンゲージメント向上
  ❶ 社内エンゲージメント調査
  ❷ 共通言語理解・作成ワークショップ (理念・ビジョン・行動指針)
  ❸ エンゲージメントプログラム (社内活性化のためのフルプログラム)
目標設定・評価制度・給与制度の構築 (あしたのチーム)

掲載
メディア・
受賞歴
2008年
  • 新潟ADC2008 最優秀グランプリ受賞
2011年
  • JPMクリエイティブマーケティングショー 銀賞受賞
2012年
  • 「新潟の社長.tv」に社長出演
  • にいがた産業創造機構〈IDSデザインコンペティション2012〉で『越後雪室屋』が審査員特別賞を受賞
2013年
  • 新潟市土産品コンクールで『雪室珈琲』が金賞、『雪室米・酒セット』が国際賞を受賞
  • 観光庁〈世界にも通用する究極のお土産フォーラム〉で『雪室珈琲』がノミネート
  • 『越後雪室屋』がJAPANブランド育成支援事業に認定
  • 日本経済新聞「企業次の一手・新潟ブランドに一役」コーナーに掲載
  • グラフィック社「和のデザイン 美しいレイアウトのしくみ」作品掲載
  • PIE BOOKS「地域を熱くする! 注目のデザイナーたち」作品掲載
  • グラフィック社「日本語のロゴ」作品掲載
  • PIE BOOKS「スタイル別 ロゴデザイン」作品掲載
  • クリエイト日報「パッケージデザイン総覧2013」に越後雪室屋パッケージほか多数作品掲載
  • 『にいがた雪室ブランド事業協同組合』が中小企業庁〈がんばる中小企業・小規模事業者300社〉に選定
2014年
  • 新潟県信用保証協会「保証にいがた4月号・感じるにいがた」事業紹介
  • 新潟ADC2014 準グランプリ受賞
  • MdNコーポレーション「パッケージデザインの見本帳」作品掲載
  • PIE BOOKS「地域発 ヒット商品のデザイン」作品掲載
  • PIE BOOKS「匠の文字とデザイン」作品掲載
  • PIE BOOKS「学校・施設案内グラフィックス」作品掲載
  • ビー・エヌ・エヌ新社「企業と人をつなぐ 会社案内のデザイン」作品掲載
  • グラフィック社「『魅せる』日本語のタイトル」作品掲載
  • PIE BOOKS「キャラクターで伝わるデザイン」作品掲載
2015年
  • 全国農業新聞「+αで元気な農業 発する新潟!」コーナーに掲載
  • PIE BOOKS「オトナの心をつかむデザイン」作品掲載
  • PIE BOOKS「サルでもわかる!デザインの本」作品掲載
  • ビー・エヌ・エヌ新社「商品と顧客をつなぐ カタログのデザイン」作品掲載
  • PIE BOOKS「レイアウト手法別 広告デザイン」作品掲載
  • クリエイト日報「パッケージデザイン総覧2015」作品掲載
  • PIE BOOKS「新しい価値を生み出すためのブランディングプロセス」作品掲載
  • viction workshop「Hanzi・Kanji・Hanja」作品掲載
2016年
  • 新潟ADC2016 最優秀グランプリ・審査委員特別賞・部門賞受賞
  • クリエイト日報「パッケージデザイン総覧2016」作品掲載
  • PIE BOOKS「ニホンゴロゴ2」作品掲載
  • グラフィック社「ロゴと展開」作品掲載
2017年
  • グラフィック社「パッと目を引く!タイトルまわりのデザイン表現」作品掲載
  • 新潟ADC2017 ADC賞・部門賞受賞
2018年
  • パイ インターナショナル「もっと!女性の心をつかむデザイン」作品掲載
2019年
  • パイ インターナショナル「懐かしくて新しい レトロスタイルデザイン」作品掲載
  • パイ インターナショナル「外国人にアピールするデザインのアイデア」作品掲載
  • 新潟ADC2019 ADC賞受賞