SEMINAR
〔  詳細情報  〕

チームで事業開発ワークショップ on Miro

ニューノーマルという言葉が広まり、これまでとは異なる生活・働き方の模索や、価値観の変化が起きています。それに伴い、顧客ニーズの多様化もますます加速。つまり企業にとっては、既存事業の見直しや新規事業への取り組みが早急に求められている局面です。

 

プロジェクトを動かすのは難しい

ところが、いざプロジェクトチームを作っても、なかなか思うようには進まないのが事実。
「もう何回もアイデア会議をやっているのに、良い案が全然出ない」
「みんな考えていることが違いすぎて、話がまとまらない」
「そもそも他の業務が忙しくて、プロジェクトが消滅しつつある…」

近年、PMO[Project Management Office]が注目されていることからもわかるように、プロジェクトをスムーズに進行し、成果をあげるには、そのためのマネジメントノウハウが欠かせません。

> 新規事業開発のポイントとPMOについては、過去の記事「PMOとは?《前編》プロジェクトマネジメントのプロ」をご覧ください。

 

精度高く、スピーディに進める手法

事業開発の成否を分ける鍵は、「事業計画」と「実行チーム」をいかに精度高く・スピーディに構築できるか、です。それを実現するのが【チーム事業開発メソッド】

漠然としたアイデアを整理し、具体的なプランとして練り上げ、魅力的な事業を生み出す。これをたった2日間のワークショップで実現する手法です。また、チームで取り組むことで、メンバーの考え方やモチベーションを統一し、実行力を高めることもできます。

つまり、ワークショップ終了時には「魅力的な事業計画」「強力な推進力を持つ実行チーム」が出来上がるので、あとはやるだけ!の状態にまで持って行くことができるのです。

このチーム事業開発メソッドを体験できるセミナーを開催します。ぜひ一度、体験してみませんか?

チームで事業開発ワークショップ on Miro
2020年8月5日(水)13:30~16:30
今回は体験版として3時間バージョン・気軽に参加できるオンライン開催。話題のオンラインホワイトボードツール「Miro」も体験できます。詳細・お申込みはページ末尾へ

 

「チーム事業開発メソッド」とは?

弊社が新規事業プロジェクトをサポートする際に行う「事業開発ワークショップ」で取り入れている手法です。商品・サービス開発や地域ブランド開発など、これまで数々のブランド事業を輩出してきました。プロジェクトを「チームで・円滑に・高レベルに」進められる、全く新しい手法として好評です。具体的には、ビジネスモデルの作成、競合やベンチマーク分析、アイデアのブラッシュアップ、事業計画作成、スケジュールと担当者を明確にし、動けるチーム体制を作る…ここまでを2日間でスピーディに行います。
 

2日間で事業アイデアをビジネス計画に!

実際の事業開発の流れに沿って、アイデアの発見から、プロトタイプの企画・設計までを2日間で行うプログラムです。

チーム事業開発メソッドのプログラム
※基本の流れです。実際のプロジェクトに合わせて内容や順序をカスタマイズする場合があります。
 
◉ ブランディング基礎講座
◉ SWOTチーム分析~FBO
◉ MAP ※今回の「チームで事業開発ワークショップ on Miro」で体験できます
◉ クエスチョン
◉ フラッシュデモ
◉ スケッチ ※今回の「チームで事業開発ワークショップ on Miro」で体験できます
◉ ストーリーボード

 

体験版ワークショップ開催!ぜひご参加ください

チーム事業開発メソッドは、ブレインストーミングのようなこれまでの手法とは全く異なるやり方で、漠然としていたアイデアをスピーディにブラッシュアップし、チームで方向性や指針を共有する、を実現します。

この手法の面白さや、一般的な会議との圧倒的な違いを体感できるワークショップが、今回開催する「チームで事業開発ワークショップ on Miro」です。

多くの方に参加して頂きやすいようオンラインで開催します。さらに、話題のオンラインホワイトボードツール「Miro」も体験できるので、事業開発に限らず、オンライン会議をうまく進める方法やツールをお探しの方にもおすすめです。

Miroとは…

テレワーク導入が進む中で注目を集める、「オンラインのホワイトボードのようなサービス」です。例えば、文字を書く/付箋を貼る、並べ替える/線を引いたり、図形で囲んだりする/画像を貼る/矢印でつなぐ…などの操作が簡単にできます。

特に優れているのは、作業画面(Miroでは「ボード」と呼びます)を他の人と共有して、共同編集ができること。複数人で同時操作が可能で、しかもリアルタイムに反映されます。

 
頭に浮かんだだけのアイデアは、時間が経つと無くなっていきます。Miroを使い、「見える形で残す」ことが、アイデアを深掘りしていくのに役立ちます。

また、同じ画面を見て一斉に同時作業ができるのも大きなメリット。オンラインミーティングで起こりがちな、伝わりづらさやもどかしさを解消してくれるので、議論の質が格段に高まります

 
今回の体験版ワークショップでMiroを使うのは、「MAP」「スケッチ」のワークです。

▼ MAP
顧客や関係者を洗い出し、いつ・どう関わりを持つのかを検証、顧客体験(カスタマージャーニー)を作り上げる。ビジネスモデルの基本骨格を見える化し、ターゲットの導線とキャッシュポイントを発見するワーク。
チームで意見を出し合いながら取り組むと、新たなキャッシュポイントを発見できたり、サービスを複合的に組み合わせる案が出てきたりと、プロジェクト展開に広がりを持たせることができる。

▼ スケッチ
アイデアを簡単な絵と文字で表すワーク。一人ひとりの頭の中にあるアイデアを、全員に見える形で残せるのがメリット。たくさん出して良いものを組み合わせていくと、他社が真似できない複雑さが生み出され、これが競合との差別化ポイントになる。
また、全員が書いて全員が説明することで、ポジションや声の大きさに左右されず、いろいろな人のアイデアを採用できるのも良い点。多様なメンバーを集めたチームならではの、本当の力が発揮される。

 

開催概要

チームで事業開発ワークショップ on Miro
2020年8月5日(水)13:30~16:30 @web会議アプリ「Zoom」
参加費: 3,000円(税込み)
※定員に達した場合は受付終了とさせて頂きますので、お早めにご検討ください。

● 今回は体験版プログラムのため、取り組んでいただくテーマを予めご用意しています。
● タイトルに “チームで” とありますが、お一人でのご参加ももちろん可能です。
● お申込み完了後に、ZoomとMiroの招待リンクをメールでお送りします。どちらも特別なソフト等は必要ありません。インターネットに接続できるパソコン・タブレット・スマートフォンなどをご用意ください。

\受講特典/
「チーム事業開発メソッド」のやり方とポイントがわかる!
オリジナル資料プレゼント
体験して終わり…ではもったいないので、メソッドの概要をまとめた資料を受講特典としてご用意します。アイデア会議やミーティングをうまく進めるヒントとして、ぜひご活用ください!

 

※印のある項目は必須項目です。必ずご入力下さい。

セミナー日程
お名前
会社名

個人の方はその旨(「所属なし」「個人参加」等)ご入力ください。

部署
役職
電話
メールアドレス

PCメール推奨

受講費のお支払い方法
ご紹介者

お知り合いの方からのご紹介で参加される場合は、その方のお名前や社名などをお知らせください。