売れる商品・魅力的なサービス。
これらが無ければ、
企業の成長は見込めません。

ネットの普及・SNSの普及により、
誰もが自分らしい商品・サービスをPRできる時代。
数多くの商品・サービスが溢れる中で、
独自の魅力を打ち出せないものは
競合他社に埋もれ、
価格競争に巻き込まれていきます。
安定した売上を獲得し、ファンを増加させるために、
顧客から選ばれ続ける
商品・サービスの開発が必要です。

「商品・サービス
ブランディング」とは

明確な差別化と高付加価値で、
ターゲットを惹きつける。

消費者から選ばれるために、
競合他社とは一線を画す明確な差別化や
高い付加価値が必要です。
さらに、商品・サービス自体の特徴を、
営業・販売方法/広報・PR戦略などの
活動全体にも反映することで、
より強力に消費者を惹きつけることができます。

商品・サービスブランディングの目的

  • 自分達らしい
    商品開発をしたい
  • ヒット商品を
    つくりたい
  • 他社と差別化した
    商品をつくりたい
  • 競合商品が
    多い
  • 売りたいものはあるが
    売り方がわからない

このような現状を打開するためには、
ブランディングが有効です。

商品・サービス
ブランディングの目的は、
魅力的な商品・サービスを
生み出し、ターゲットに
確実に届けること。

消費者から支持される商品・サービスは、
潤沢な資金を生み出し、
企業の活動を直接的に支えていく
軸となります。

商品・サービス
ブランディングの
重要ポイント


  • ❶強みを打ち出した
    商品・サービスづくり

    顧客から選ばれるためには、開発者たちの
    ビジョンや想いを乗せたものであること、
    つまり、独自の魅力を備えた
    商品・サービスである必要があります。
    自社ならではの強みを打ち出していきましょう。

  • ❷マーケティング

    どんな強みや価値のある商品・サービスも、
    顧客に届けられなければ意味がありません。
    ターゲットに確実に到達するコンセプトや
    デザイン表現、広告、営業方法や流通経路までを
    見据えて取り組むことが重要です。

商品・サービス
ブランディングで
期待できる4つの効果

  1. 売上・利益向上で、
    企業成長を直接的に支える

    最も直接的なメリットは、売れる商品・サービスができること。安定した売上・利益が確保できるようになることは、次の事業や挑戦の後押しにもなり、企業成長を支えます。

  2. 企業の独自性・卓越性が向上

    良い商品・良いサービスとして世間に広まることは、企業の認知拡大やイメージ向上にもつながります。「あの商品・サービスを手がける会社」として、他とは一線を画す企業イメージが浸透し、独自性が向上します。また、ノウハウや技術などオンリーワンの力が磨かれ、卓越した企業へと成長します。

  3. 消費者・協力者のファン化

    商品・サービスやブランドの良いイメージと、それにまつわる企業活動や企業の姿勢に共感するのは、消費者だけではありません。協力会社や将来の人材候補など、多方面にファンを作ることができ、事業展開の可能性が広がります。

  4. 従業員エンゲージメントの向上

    自社の商品・サービスが売れていること、ブランドが世間で支持されていることは、社員にその会社で働く意義や誇りをもたらします。社員が組織に対して愛着があり、貢献したいという気持ちを持った状態「従業員エンゲージメント」の向上につながります。

商品・サービス
ブランディングの
やり方

  • ヒアリング

    商品アイデアの構想、ビジョン・想いのヒアリング

  • 顧客接点イメージ

    ターゲットを割り出す
    営業方法、商品特徴、原価・価格

  • 差別化ポイント構築

    魅力を生み出す7つの魔力、独自のストーリーヒアリング、強みの割り出し打ち出し

  • コンセプト決定
  • デザイン

    ロゴ、ネーミング、タグライン / パッケージ / ポップ、ポスター、のぼり
    販促用DM / ホームページ / チラシ / SNS/ 展示会ブース装飾

  • 営業・広報戦略
  • 実行サポート
  • ローンチ

アドハウスパブリックの
商品・サービス
ブランディングの特徴

「独自の魅力」を乗せて、
顧客に到達する。

  • 強みや価値を明確にし、競合に
    打ち勝つ差別化ポイントを構築

    • チームで事業計画開発
    • 想いを乗せた商品・サービスを生み出す「ストーリーブランディング」
    • 「9つの差別化要因」と「7つの惹きつける魔力」の組み合わせによる絶対的差別化

    など、豊富な手法とノウハウで、真似することのできない商品・サービスを作り出します。

  • ターゲットの明確化と
    カスタマージャーニーの設計

    その商品・サービスを誰が買うのか?に始まり、

    • ターゲットはどこにいるか?
    • どうやって存在を知らせるか?
    • どうやって手にとってもらうか?
    • どうやって魅力を伝えるか?
    • どうやってリピートしてもらうか?
    • どうやって口コミしてもらうか?

    というように、顧客との接点や顧客の動向を考慮して、戦略を立てます。

  • マーケティング・営業方法の
    明確化

    商品・サービスづくりの段階からマーケティングや顧客分析などを通して強みを発見し、その強みを強化する販売・営業・PR方法などを検討します。商品・サービスが顧客に届くためには、

    • 顧客接点や広告の設計
    • 流通経路を考慮した価格設定

    も重要です。個々の活動を点で行うのではなく、線で結び一貫して進めることで、より効果的で他社に真似されない商品・サービスを生み出します。

  • 顧客接点を作り出し、
    存在感を示すデザイン

    マーケティングや商品づくりの段階で発見された強みを、コンセプトやデザイン表現でターゲットに確実に届けます。

    • 商品パッケージ
    • ポスターやPOPなどの販促ツール
    • リーフレットやカタログなどの営業ツール
    • ホームページ

    など、顧客とブランドの接点となる各段階で強みを効果的に訴求するデザインが欠かせません。

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問合せください。
ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問合せください。

商品・サービスブランディングの事例