NEWS

5ステップで行う企業ブランディング│ブランディングノウハウ│Outer Branding

 

さて、御社ではブランディングを意識した活動を行っておりますでしょうか?

ブランディングとは「顧客や社員に支持される」ことを目的に行われる企業活動であり、自社の魅力を見える化し、ターゲットに伝える大切な活動です。

自社の商品・サービスの集客・販売力の強化はもちろん、人材採用力の強化や、自社の社員育成など、人々のマインドに大きく影響するブランディング。

支持される企業こそ、徹底したブランディングを行っています。

今回の特集では「支持される企業」になるための企業ブランディングの構築の手順を5ステップで解説致します!

 


 

I 成功する企業ブランディング5ステップ

1企業独自のストーリーや姿勢=「文化」を発掘しましょう。

支持される企業になるためには、企業独自のストーリーや企業姿勢を明確に提示することが大切です。会社の成り立ち、これまでの歴史、会社のビジョン、強みや特徴、行動指針など、経営者・働く社員がもたらす想いや社風、今まで培ってきた歴史・特徴を改めて発掘しましょう。

経営者ヒアリングや、ワークショップ形式で社員で協働しながら発見する方法など、発掘の手法はさまざまあります。他にない自社だけの独自の「文化」を明確にしていきましょう。

 

2企業の考え方・姿勢を明文化しましょう。

1で発掘したストーリーや、企業姿勢(コーポレート・アイデンティティ)を明文化しましょう。

企業理念・ミッション(存在意義)、ビジョン(目指す事)、バリュー・強み(自社の価値)、ストーリー(文化)、行動指針(社員の行動基準)が明文化すべき大切なものです。

 

3企業姿勢を社内に浸透させましょう。

企業姿勢(コーポレート・アイデンティティ)は、社員に「共感」されてこそ機能するものです。

そのためには社内教育はもちろんですが、社員が日常的な業務の中で、自然と自社の考え方に触れ浸透するよう、企画・製造・広報・販売・教育・運営とすべての業務活動全般で、企業の考え方が染み込まれていることが重要です。

また社員と一緒に創っていくというのも効果的な方法です。現場で働く自分達の声を反映して創られた企業姿勢は、押し付けではないので共感・発信力の高いものになります。

4自社の強み、個性を商品・サービスにも反映させる。

自社のサービス・商品の特長はなんですか?自社の強みや個性を「商品・サービス」に落とし込むことで、競合との差別化を図りましょう。さらに、ブランドストーリーとかけあわせることで、訴求したいビジョンの世界観を高めることができます。

 

5企業ブランドの価値を高めるデザインが必要。

自社の理念や特性、強み、思いなどの会社の核となる部分を広く認知されやすい形にしましょう。

企業の存在価値を高めるロゴマークや自社の想いや強みが伝わるタグラインメッセージ、商品パッケージやホームページ、パンフレットなど、人の目に触れるものすべてのデザインを統一していくことで、たくさんの共感を集め「支持される企業ブランド」へと新たにスタートすることが出来ます。

 

 

 


I企業ブランディングを行うことで得られるメリットとは?

メリット❶ 価格競争をしなくなる!

メリット❷ 圧倒的なブランド価値を築き、ライバル企業と差別化できる!

メリット❸ 顧客に支持されやすい!ファン化・リピーター化が狙える!

メリット❹ 広告費・採用費などのコストを削減できる!

メリット❺ 働く社員が活性化する!

 

ブランディングを行うことで以上のメリットを得ることが出来ます。それでは、弊社で行った「企業ブランディング」の事例をご紹介致します。

 

 


 

事例紹介❶ archi-label 株式会社 鈴木組

シンプルな造形美と普遍的なデザイン、耐震性の極めて高い工法で、理想のライフスタイルを実現するための提案を行っている住宅建築業社アーキレーベル(株式会社鈴木組)。

 

ブランディング以前は、広く集客は出来ていましたが、お客様に対して、自社の思いや価値、コンセプトなどの核心的な部分までは伝わりきっていませんでした。今回、ブランディングを行う上で「自社事業の本当の価値を納得した上で、家づくりを行いたいという客層を増やす」ことと、自社の価値を体現したツールの制作を行う」ことが課題となりました。

 

元々、アーキレーベルには、徹底した家づくりへのこだわりや強く打ち出せるコンセプトが存在したため、それらをブランドメッセージとして発信するための効果的な方法を考案していました。

 

そして今回制作したものが、ブランドタグライン・会社案内パンフレット・Webサイトです。特に、会社案内は、家づくりへの情熱をブランドメッセージとして載せることで、自社に「共感」する顧客の獲得に繋げることができました。

▲ブランドイメージを体現したタグライン | 「用の美」という言葉からきており、「家づくりにかける思い」や「暮らしの中でふと感じる美しさ」を見出すことで、ブランドとして今までにない理想の家づくりの基準が確立されました。

 

▲会社案内パンフレット | 取引先をはじめ、社員の方にも会社の理解を深め、社内の魅力や強みを伝えるパンフレット。紙の質感や佇まい、黒の文字をあえて箔で刷るなど、細部までこだわることで、アーキレーベルのブランドとしての上品さや地位を的確に表現。

▲ブランドコンセプトシート | アーキレーベル全社の家づくりにかける思いやコンセプトが全て掲載されており、アーキレーベルの家づくりが想像できる冊子となっている。カードの紙質や色も厳選して制作にあたった。

 

▲Webサイト | 建設会社にとって、内観やモデルハウスの写真を沢山掲載するのは当然のことだが、ターゲットに向けて、キャッチコピーなどの「言葉」も響く内容になっている。

 

ブランディング後の効果

 


 

事例紹介❷ MAD PRODUCTION

クリエイティブかつ自社らしさを全面に打ち出し、他社と差別化。
インパクトあるイベントツールで受注が増加!

 

最先端のカメラ技術と多彩なノウハウで、お客様の魅力を存分に引き出し、言葉以上のメッセージや、ストーリーを込めた映像を制作・発信している映像制作会社、MAD PRODUCTION。

コミュニケーションの活性化と業務効率化を図り、インナーブランディングのワークショップを行ったり、自社のサービス・事業内容を理解してもらうためのリーフレットとブースデザインを制作させて頂きました。

ブランディング実践関連記事がございます。ぜひ御覧ください。

 

インナーブランディング記事 | 離職者続出から一転。新たな組織へと生まれ変わった
インナーブランディングワークショップ。

コミュニケーションの活性化と業務効率化を図り、社内に互いを思いやる協同姿勢が生まれました。業績200%UPを達成したインナーブランディングワークショップとは?

▲オリエンテーションでは、社員向けのストレングスファインダー基礎講座を実施。いつも働く同僚の強みや弱みを改めて共有し合った。

 

アウターブランディング記事 | 記憶に残り、忘れられない!ツールを作る!

クリエイティブかつ自社らしさを全面に打ち出し、他社と差別化。
インパクトあるイベントツールで受注が増加しました!

▲イベント時のブースも制作。冊子で登場したキャラクターをあしらい、世界観を統一した。

 

アドハウスパブリックWebサイト WORKSページ | インパクトあるツールデザインの制作背景とは…?
オリジナルキャラクターを制作し、案内役として事業やサービス、会社のことを紹介。事業やサービスがよりわかりやすく伝わる工夫を凝らしました。

▲インパクト重視の会社紹介リーフレット。動画制作会社ということで、カメラを意識した見た目に仕上げた。蛇腹形状のパンフレットに、レンズを意識させる丸型の型抜きを施した。

 

 


 

今回は「企業ブランディング」をテーマに、5ステップで企業ブランディングのコツや、
作品事例を解説致しました。いかがでしたでしょうか。
私たちアドハウスパブリックは、企業姿勢・ストーリーの発見から社員浸透、デザインによる魅力の見える化と発信をトータルで行う、企業ブランディングの実践を行っております。

また、会社の思いをダイレクトに伝える会社案内や、イベントで配布するためのリーフレット、新発売するお菓子のパッケージなど、ジャンルは問わず、さまざまな制作物のご提案を承っております。

ご相談・お見積もりは無料です。まずはお気軽に、こちらまでお問い合わせください。

 


 

当社では販促物製作に活用できる補助金の情報提供も積極的に行っております。

・イベントツールを作ってみたいけど、経費で全額負担するのは厳しい・・・
・パンフレット・ホームページ・チラシを製作したいけど予算が・・・

などといったお困りごとがございましたらぜひ、アドハウスパブリック(担当:松田)までお問い合わせください。

 


> TEL. 025-250-7578
お問い合わせフォーム


 

> WORKSへ