NEWS

成功するブランディング4つのポイント[2]ポジティブに事業推進できるチームづくり【前編】

 

今回は、[2] ポジティブに事業推進できるチームづくりについて、掘り下げていきます。

 


 

「ブランディング」は会社の一大プロジェクト

「ブランディング」とひとことで言っても、取り組むべきことは多岐にわたります。

前回取り上げた「理念・ビジョン・指針の明確化」に始まり、事業構築やサービス開発、営業・集客活動、各段階で必要となるツールやデザインの制作など。多くの場合、数ヶ月を要するプロジェクトになります。

また、そもそもブランディングはどこかの時点で完結するものではありません。市場や環境の変化に応じてブラッシュアップしていく、継続的な取り組みです。

これをうまく推進していくには、社内のベクトルを合わせ、進路を共有し、会社全体で協力体制を築くことが欠かせません。

ところが、それが案外とても難しいことであり、中小企業のブランディングがうまくいかない原因でもあります。部署や役職などの立場によって、また人によっても考えや目指すところは異なるもの。「うちの会社もブランディングに取り組むぞ!」と意気込んでみたものの、社内の協力が得られずにプロジェクトが頓挫してしまったという話をよく耳にします。

プロジェクトを推進し成果を出すために、おすすめしている方法がいくつかあります。そのひとつが、ブランディングプロジェクトのためのチームを新たにつくることです。

 

「ブランディング推進チーム」をつくる

既存事業の運営や日常業務と並行して、会社全体を巻き込み、ブランディングプロジェクトを成功させている企業の多くは「ブランディング推進チーム」を設置しています。

ブランディング推進チームが取り組むこと

◉ 自社らしい思想や強み・魅力を発掘し、コーポレートアイデンティティ(CI)を定義づけする
◉ 自社らしさを打ち出す事業開発の企画、実行
◉ ブランディング活動の実行計画づくり
◉ 社員への告知、巻き込み計画、実行
◉ デザインの方向性、ビジュアルアイデンティティ策定、PRツールの開発
◉ PR活動実行

これらの活動を段階を追って取り組み、企画から実行・運営までを推進チームが先導します。

このチームをどのように構成し、どのように動かしていくか。ブランディングの成否を左右する大きな要因のひとつとなります。

 

ブランディングを成功させる推進チームのつくり方

まずは、チーム構成について見てみましょう。

部署横断で、役割に適任のメンバーを集める

ブランディングは部署を越えて会社全体で取り組む活動が多くなるため、チームメンバーは各部署から集めた方が後々の活動がスムーズに進みます。但し、必ずしもメンバー全員が各部署のトップである必要はありません。下記のようなチームを構成する上で適任と考えられる人材を集めます。

◉ チーム構成1_リーダー

文字通り、チームに方向性を示し、先導する人です。決済権を持ち、最終責任を持つ人になります。

リーダーの意識改革ブランディングを成功させるために、リーダーの意識改革が必要になる場合もあります。リーダーの役割は方針を打ち出し、決定していくことですが、実際にはさまざまなタイプの人がいて、得意不得意が必ずあります。自分の苦手な部分を認め、周りの誰かに頼ることができるかどうか。リーダーがそうした姿勢を取ることができる企業ほど、ブランディングがうまく行っています。

「自分ひとりで全部やらなければ」「リーダーたるもの、リーダーらしく上に立たなければ」そう考えているリーダーの元では、大抵の場合、チームがなかなか動きません。
「自分たちは信用されていない」「下に見られている」メンバーは何となくそう感じています。
それを見たリーダーは、「みんなやる気が無い。やっぱりできるのは自分だけだ」と捉えてしまう悪循環。これを断ち切らなければ、ブランディングは成功しません。

自分の役割とタイプを認識し、足りない部分は人の力を借りる。そうして、方針の打ち出しや一つ一つの決断をしていくことができれば、その人は立派なリーダーなのです。

 

◉ チーム構成2_チームに情報を行き渡らせ、進捗管理をする人

ブランディングプロジェクトは、各自が普段の仕事を抱えながら並行して取り組むことになります。つい後回しになったり、状況が把握しきれなくなったりしがちです。そこで重要な役割を果たすのが、このポジションの人。会議の議題づくり、議事録の作成と共有、決定した行動のリマインドなど、チームが動きやすくなるように号令をかけてもらいます。
社員と距離の近い人をこのポジションにつけると、プロジェクト全体の動きが良くなります。

 

◉ チーム構成3_各部署の代表者や専門知識を持ったキーマン

各部署を代表して話し合いに参加するメンバーです。アイデアを出す人・計画する人・実行する人…など、各自の個性を活かして積極的にディスカッションできる人が望ましく、必ずしも部署のトップでなくても構いません。それぞれの立場からの視点をもって、共に課題を解決していきます。話し合う内容によって必要があれば、専門知識を持ったキーマンにも参加してもらいましょう。

 

ブランディングを成功させるためのチーム構成についてお話しすると、経営者や幹部層の方から「そもそも前向きに参加してくれる人材が少なくて困っている…」という声を聞くことがあります。

本当にそうでしょうか。

そういった場合、足りないのはやる気ではなく○○、というケースが多々見受けられます。

後編へ >>

> WORKSへ