NEWS

[ Staff Blog ] タイポグラフィ

 

こんにちは。東京スタッフの渡辺です。
まだまだコロナ禍の中ではありますが、春の清々しさで気分も晴れればと思う今日この頃です。

そんな春の日、久しぶりの展覧会へ足を運びました。
ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)で開催中の文字の視覚表現を軸にしたグラフィックデザインの国際賞「東京TDC賞2021」のエキシビジョン「TDC展2021」です。


▲ 撮影可とのことでした

グランプリは、松本弦人さんの「日本国憲法」。戦後の美術作品と縦組と横組英文の混在、ルビとともに注釈などで視覚的に憲法を読むことができどんどんページをめくりたくなるすばらしいものです。
詳しくは
https://tokyotypedirectorsclub.org/news/tdc2021/
https://tokyotypedirectorsclub.org/award/2021_grandprix/
で御覧ください。

話は変わり、
先日、新潟の企業様が自社の中心である業務事業を今以上に特化するためロゴも刷新となり、そのロゴマークデザインをやらせていただきました。ロゴにもさまざまありますがロゴマークとともにタイポグラフィ、タイポデザイン(ロゴタイプ)が重要視されます。文字を使って時には美しく、時には楽しく魅せる。。など企業の想い、姿勢、を表す顔となり、責任重大で、ドキドキでワクワクです。

制作したロゴデザインが企業様の顔となって浸透していくことを楽しみにしつつ、
展覧会でのいろいろな作品を見て新たな刺激、ヒントをもらい活かしていきたいなと思う春の清々しさのひとときでした。


 

▶ アドハウスパブリックへのお問い合わせはこちら

FacebookInstagram 更新中!いいね!フォローよろしくお願いします。

▶ セミナー情報はこちらから

▶ デザインのお仕事・ご相談・お見積りはこちらから

> WORKSへ