越後雪室屋ブランドサイト

ブランド化するための4つのポイント

2017年2月27日

強いブランドをつくりたい!
押さえるべき4つのポイントとは

突然ですが、ブランドと聞いて、一番最初に思い浮かぶ名前は何ですか?

シャネルやルイ・ヴィトンのようなファッションブランドでしょうか…
スポーツをしている人なら、ナイキやアディダス。
アウトドアが好きな人なら、スノーピークやパタゴニア。
社名ではなく、◯◯牛や◯◯野菜のような食材の銘柄を思い浮かべた方もいるかもしれませんね。

そもそも、ブランドと呼ばれるものと呼ばれないものの違いはなんなのでしょうか?

 

ブランドになるための4つのポイント

さきほど答えに出たブランドは、下記の「大切な4つのポイント」がしっかり網羅されています。

 

1、差別化されたオンリーワンの独自な事業とサービス
2、差別化を決定づけるデザインとコミュニケーション
3、リーダーの強い想い・情熱とやる気に満ちたチーム
4、ブランドの価値を伝え広げる継続的な計画と体制

 

Appleを例に見ていきましょう。


1、差別化されたオンリーワンの独自な事業とサービス

明確に他と違う「何か」をもています。
差別化、個性と言い換えられます。

Appleでは、ガラケーが主流だった中で、 すべてのボタンを1つだけにしました。
それは使いやすさをとことん追求した、シンプル思考をした結果です。

同時に、かれらが変えたのはデザインだけではありません。
ライフスタイル自体を革新するものだったのです。

強いブランドには、他とは差別化された個性があるのです。

2、差別化を決定づけるデザインとコミュニケーション

単に奇抜で目を引くもの、なんとなくカッコイイものをつくれば良いわけではありません。
1でも触れたオリジナリティをしっかり表現をしていなければなりません。

Apple製品は、シンプルで洗練されたプロダクトデザインです。
その製品を使っているシーンをインパクトのあるCMやPR動画で表現しています。

3、リーダーの強い想い・情熱とやる気に満ちたチーム

1、2を読んでお分かりの通り、事業や製品は想いや情熱が形になったものです。

それを創り出すのは人、つまりその会社のトップや社員ということです。
社内が良いと思っていないもが他者に受け入れられるわけもありませんね。

故スティーブ・ジョブズは自分が作りたいものを作れるように、スタッフを動かし、彼らの力を発揮させました。

そもそもAppleに限らず、信頼のおけないものは価格によらずほしいと思えないですよね。

4、ブランドの価値を伝え広げる継続的な計画と体制

いつも信頼に答え、期待通りかそれ以上のサービスの質を保ち続けなければなりません。
来店するタイミングごとに、品質が落ちていたりサービスにムラがあっては、 お客様はファンになってくれません。

ブランドの認知には一定の時間がかかります。
それでも、一貫した信念を持ち続け、社内の人々がブランドを理解し、共感し、
その成長に向けて行動をし続けた結果として、力が強いブランドになることができるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

価格競争、情報が溢れて消費者が常に調べられる現代だからこそ、
ブランディングは中小企業にこそ必要です。

この4つをしっかりと見直して、適切な行動ができれば、思想・商品に共鳴したファンが増加し、
強いブランドに育つことができるのです。

弊社ではこの4つのポイントを押さえ、強いブランドをつくるお手伝いをさせていただきます。

 

ブランディングのエッセンスが学べるセミナーを開催します。

「リアルブランディング入門講座」参加者募集中!
https://goo.gl/forms/rwoBsLgD2UFPa40g1

 

[現在募集中のセミナー]
●自分のの強みを知り、生かす「ストレングスファインダーで強み発見!」セミナー
https://goo.gl/forms/0mYHwh7x1rN0TS6H3

[お問い合わせ・メルマガ]
●最新のセミナー情報をいち早くお伝えするメルマガ登録はこちら
https://goo.gl/forms/gEpZ7OnHXzIYTt3y2

●アドハウスパブリックへのお問い合わせはこちら
https://adhpublic.heteml.jp/www.adhpublic.com/inquiry.html

企業ブランディング 山形 ハウスビルダー[ロゴ、リブランディング]

2017年2月27日

『新しいデザインを受け取るたびに、 さらなる上昇志向が芽生えてくる。』
山形県の置賜地域において、エリアの気候風土を踏まえた高性能・高品質な住まいを提案するハウスビルダー。2011年に「シエルホームデザイン」のブランドを立ち上げました。
デザイナーズ家具通販サイト「Gino(ジーノ)」では、山形を中心に全国配送を展開。 住まいと家具、2つのブランディングに関するエピソードをうかがいました。

 

 

――ブランディング導入に至る経緯と、当時の課題意識についてお聞かせください。
当社で家具事業(通販サイト Gino)を立ち上げる際、 ブランドのネーミングとロゴデザインをお願いしたのが始まりです。
「工務店でありながら、しっかりとした家具事業も展開している」という明確な見え方を作っていただきました。
打ち合わせを重ねる中で、住宅の「シエルホームデザイン」というブランドについて、
もっとブラッシュアップできるのでは?というご提案をいただき、
今後の展開を視野に入れたブランディングを依頼することに。
課題意識については、まだそのとき、 当社が目指す“高級感”や“くつろぎ”を体言するような
デザインやコンセプト設定がなかったということですね。
ロゴデザインも自分たちで作ってきたので、
ここでブランディングのプロにお願いしたいと考えました。

 

――「シエルホームデザイン」は、ブランディングがすでにスタートしていたと。
そうですね。
パブリックさんと出会う以前は、ロゴもチラシも社内で作っていました。
でも、もう少し方向性を整理した方が良いと思っていた時期で… 絶好のタイミングで声を掛けてもらったと思っています。

立ち上げから2~3年でリブランディング(ブランドの再生)という流れになりましたが、
Ginoの提案がとても素晴らしかったので、 「信じてみよう」と。

まずは「SWOT分析とブランドのタグラインに取り組んでみてはどうか」というお話があり、
「あれ?デザインじゃないの?」という感想でした(笑)。

でも本当にやって良かった!

正直なところ、当時はリブランディングについて社内の温度差がありました。
そのために全体会議を何度も実施していただき、 みんなの意見を出し合ってようやくカタチに。
そのプロセスのおかげで“社としての一体感”が生まれました。

 

 

 

――ブランディングの手ごたえを実感されたのはどんなときですか。
ロゴ、タグライン、カタログ、HP…見栄えが変わると、
お客様の反応がどんどん良くなってきました。
それに伴って競合他社さんも変わったかな?と思います。
以前は地元の工務店さんが競合でしたが、
今ではおかげさまで大手ハウスメーカーさんがほとんどですね。
お客様からお褒めの言葉もたくさんいただきます。

今振り返ると、ブランディングを依頼していなかったら…と考えると怖いですよ(笑)。
お客様からの見え方ってすごく大事です。パブリックさんとお付き合いさせていただく中で教えてもらいました。

新しいデザインやご提案をいただくたびに、
「もっと上を目指そう」という気持ちが湧いてくるのは、
当社が「何をしたいのか?」を分かってくれているから。
表現が的確なんです。
依頼して良かったと強く思います。

 

 

――これからの取り組みや展望についてどのようにお考えですか。
現在、TVCMの制作をお願いしています。
これは当社としての新たな取り組みで、「置賜地域NO.1」を狙えるのでは?と思えるところまで
やっとたどり着いた感じです。
まずはそこを固めて、将来的には「山形県内No.1」を目指していきたい。
いよいよ次のステップに来た!という想いです。

当時は「置賜地域NO.1」なんて、夢のような話でしたから。
地域に貢献できる武器をたくさん与えていただき、
磨きをかけていただいたことに心から感謝しています。

 

 

 

<企業情報>
企業名:株式会社ホリエ
所在地:〒999-0604 山形県西置賜郡飯豊町椿2529
創 業:昭和6年
従業員数:21名 URL:http://www.cielhome.jp/
※取材当時

商品ブランディング事例 新潟 エディブルフラワーを全国に! 想いがつまった新規事業の成功ストーリー

2017年2月27日

“人生を賭けた”ブランディングが、 大きな感動と相乗効果を生み出した

阿賀野市にある株式会社 脇坂園芸は、食べられる花「エディブルフラワー」の生産・販売を2013年から本格的にスタートしました。

「エディブルフラワーの聖地を創る」をキーワードに、直売所「エディブルガーデンSoel(ソエル)」も運営しています。

6次産業化における新ブランド立ち上げについて、脇坂裕一様にお話をうかがいました。

 

――ブランディング導入に至る経緯と、当時の課題意識についてお聞かせください。
食べられる花“エディブルフラワー”は、全国的に見ても生産者が少ない分野で
「6次産業化・新ブランド」といっても、まだ何をどうして良いのか手探りの状態でした。

行政センターの紹介で関本社長にお会いしたのですが、
正直、当時は「PRなんて自分たちでやれば良い」程度の認識でした。

例えば、機械、建物、商品などは目で見ることができますが、 ブランディングはカタチのないものにすべてを託す…ここが大きく違うところです。

私達は、完全にゼロからのスタートだったので、 事業計画の根本から相談にのっていただきました。

 

 

――ブランディングの必要性について実感されたのはどんなときですか。
実は当初、自作でブランドロゴを考えていたんですよ。
それを社長に見せて「プロはどんなデザインを提案してくれるだろう」と。

…いや、まさに圧巻でした!

高度なデザインであることは当然ですが、 女性というターゲットを明確に意識し、
今後の展開を見据えた提案も頼もしく、 ブランディングの重要性をヒシヒシと感じました。

社長には「人生が掛かっているんだから頼むよ」と懇願しましたね(笑)

最初はBtoB(飲食店向け)として食のイベントや商談会等で認知度向上を図る、 のぼりやポスター、リーフレットを、次にBtoCで直売所の店舗ネーミングをはじめ、 商品パッケージや販売方法、展開案など幅広くアドバイスしてもらいました。

おかげさまで大忙しになりましたよ(笑)

 

――全体のプロジェクトの中で、特に「依頼して良かった」と感じた点は。
やはりクオリティーの高さが一番です。

また、関本社長に各分野で活躍する「人」を紹介していただいたことも後々の反響につながったと思います。
さまざまなメディアに取り上げてもらったことも相乗効果のひとつ。

総合的に言うと「ブランド構築は感動を呼ぶ」ということです。

デザインやメッセージ、売り方、見せ方が、人の心を動かすのですね。

 

 

――これからの取り組みや展望についてどのようにお考えですか。
法人化して3年が経ちました。

販路拡大、社員増員、ブランドの認知度や売上の向上と、順調に推移していますが、
全国的にはまだまだという想いもあります。

無農薬で安心であるという点をさらなる差別化につなげていきたい。
提案していただいたブランドメッセージの一文である
“Carpe diem”=その日の花を摘め(古代ローマの詩に登場する語句)の意味合いに添って、
「今という時を大切に」しながら、企業存続のために全力を尽くしたい。
食分野における新しいコラボレーションも考えていますので、
パブリックさんとは長いお付き合いになりそうです(笑)

 

<企業情報>
企業名:株式会社 脇坂園芸
所在地:〒959-2053 新潟県阿賀野市境新128
従業員数:9名
https://www.facebook.com/edibleflowerwakisaka/
※取材当時

アドハウスパブリックとは

2017年2月27日

新潟を代表するブランディングへ

私たちアドハウスパブリックは、今年で創業44年を迎える、デザイン会社です。
本社は新潟。東京に支社があります。

印刷物の作成はもちろんですが、私たちが最も得意とするのは、「ブランディング」です。

ブランディングという言葉は一般的になってきました。
ですが、その意味をしっかりと理解できるているでしょうか?

私たちが示すブランディングとは、「唯一無二のブランドを作り、お客様の事業を成功に導くこと」です。

噛み砕いて言うと、 「付加価値の高い事業やサービスを創り出し、オンリーワン市場を生み出し、 顧客へその魅力を伝えてファン化させ、事業を優位に進める状態をつくる」ということになります。

そして、その過程で私たちがとても大事にしていることは、
ブランドを牽引する起業家やメンバーの想いや情熱の見える化、
徹底した差別化戦略や競合戦略などを踏まえてデザインを行うということです。

「企業は人なり」というように、企業、事業、サービス、ブランドも、 出発点はそこに携わる人の想いや情熱が出発点です。

とかく、デザインは外向けに作られたものだと思われがちですが、
私たちはお客様の思いや情熱といった内面もしっかりと汲み取られた事業を作りたいと思っているのです。

そういった意味で、商品のデザインだけにとどまったサービスではないというところが、他社と違っています。

もちろん、消費者に届く最終のアウトプットであるデザインは、 事業を成功に導くための必須の戦略であり、
事業計画と深く連動することで多くの効果を生み出します。

私たちは、皆さんの想いと情熱を生かし、卓越した事業戦略とマーケティング戦略を練り上げ、
クオリティ高いデザインを生み出し、消費者に届く魅力的なブランドを作るサポートこそがコアバリューなのです。
「今の事業やサービス、商品を良くしたい。」
「デザインを見直したい。」
「これから新しい商品を作りたい。」 など…

お悩みがあれば、ぜひ一度お問い合わせください。
http://adhpublic.com/

POPULAR