越後雪室屋ブランドサイト

差別化された事業と最高のチームワークが手に入る!「ブランディングワークショップforチーム」

2017年4月14日

 本当のブランディングを
チームでつくるプログラム!

「ブランディングワークショップforチーム」。

誤解されやすいのですが、
ブランディングとはデザインを行うことだけではありません。

・リーダーの想い
・チームワーク
・差別化された商品・サービス
・魅力的なデザイン
・お客様へ知ってもらう
・手に届く仕組み
………など、
ブランディングで叶えられることはたくさんあります!

自らの想いが商品やサービスの形をつくり上げ、
それがお客様の目に届き、信頼され買ってもらい、ファンになってもらう。

この長い道のりを継続的に創り上げることが本当のブランディングです。

「ブランディングワークショップforチーム」は、
その道のり、つまり「オンリーワンの魅力的な事業」づくりを
3日間という最短・最深で行えるワークショッププログラムです。

実際に受講者の生の声とともに、
どんなサービスなのかをご紹介していきます。

「ブランドの信念・使命」を、
3日間最深・最短で創り上げる
本格的ワークショップ

 

弊社アドハウスパブリックはデザイン制作から活動を拡げ、
業界・業種にとらわれず様々な企業様の商品・サービス開発、
新規事業のスタートアップや、
革新が必要となった事業のリニューアルにたずさわってきました。

その数は過去15年間で650案件以上にもなります。
そのノウハウを生かし、
「ブランディングワークショップforチーム」では
差別化された事業コンセプト創出と実行計画の立案、
そしてチーム全員のモチベーションの源泉となる「ブランドの信念・使命」を、
チームメンバーとともに生み出します。

え、3日で・・・?

と不安になられる方もいらっしゃいますが、
安心してください、本格的です!

実際お客様の声としていただくのが、

「何度、社内会議を重ねても、
出てこなかった意見やアイデアが出されてびっくりした」

「社内の人間だけでは導き出せなかったと思う」

というお言葉です。

自分たちのサービスを客観視できていなかったり、
つい想いだけにはしってお客様の存在を忘れてしまったり…
あるいはチームに自分の意見を言える雰囲気になかったりも…
そういった障害を取り除き、
社内会議では引き出せないことも、
自然とでてくるような士気の高める仕組みがあるからです。

それが、3日間の最深・最短の結果を生み出す
他にはないプログラムだと言えるところです。

 

受講者満足度90%以上、
ビジネスプランコンテスト優勝者も輩出!
結果が出ています

1月から様々な業界の7社様に参加してもらっており、
受講者満足度90%以上!

かつ、結果を出せるブランディング計画に加えて、
メンバーの相互理解とモチベーションも高めていただいています。

いい事ばかりいうのも胡散臭いかな?と、
不安になるくらいですが、
実施後の再訪問でも、熱意の継続を感じています。

なんと!
驚きの結果も生まれました!

受講中の企業様が
全国のビジネスプランコンテストで優勝!!!

ワークショップで創られた
コンセプト✕事業計画✕想いが多くの人に響いた結果です。
他の企業様でも、
・新事業の開始準備を具体的に進めている
・差別化を生み出し企業全体を変革させるブランドチームの発足
など結果がどんどん出ています。

 


チームワークが良くなる理由、

充実の3日間のワケとは?

ワークショップの3日間は週1回✕3回程度に分けて行われます。

リラックスした環境の中、講義とワークを行って頂きます。
(会場は弊社本社のエリアフローのカフェスペースを貸し切り!)

内容はディープandファン!

情報が密すぎて頭がパンク状態になることもありますが(笑)
皆さん楽しみながら自分たちの事業を深く考えてもらえています。

少し触りをご紹介すると、
3日間の前半では、

自らの持つ強みの理解と仲間の強みの理解

企業の持つ強みの理解を推し進めるワークを全員で

自分と仲間、自分と会社の相互理解を進め

チームワークが良くなる土壌をつくっていきます。

強いチームワークの源泉には、
・自己のできることと仲間のできることを互いに知り合っている
・それぞれが違うことを理解して強みを活かし合う
いわば大人の相互依存関係をつくることが大事です。

信頼のデータや手法に基づいた
ワークショップ

弊社ワークショップの個人・チームコーチングには、
アメリカ・ギャラップ社の「アクセラレータ・ストレングスコーチングプログラム」を組み込んでいます。

世界で1700万人が受講したwebテスト「ストレングスファインダー」。
その知識を理解することで、自分の才能、仲間の才能の理解がどんどん進んでいきます!

また企業の持つ強みや価値をチームで可視化・共有化することで、
営業など様々なシーンで活用していくことができるようになります。

大体どの企業様も2日間を終えた頃には、仲間意識がすごいことに!

 

3日間の後半では、
差別化された事業を生み出すワークを行います。

自社が持つ強みの資源を活かし、
競合他社に勝てるコンセプト・展開方法・具体的な行動計画を
チームメンバーと共に決めていきます。

終盤のワークはチーム一丸となれるミッションづくり。

社会・顧客・社員・関係者に向かい、高らかと存在意義を打ち出します。

感動のラストワークを終えるとチーム一丸となれたスッキリ感と、
やりきった充実感でたっぷりとなります。

 

受講者の声をお聞きください

過去のアンケートに寄せられた、受講者の声です。


ほかにも・・・

「個人の資質を認識することができ、
それをチームメンバー皆で共有できた。

個人的にも、様々な局面で今回の学びを
大いに活かすことができるだろうなと確信しました。」


「今回のワークショップ全般を通じて、
一つ一つの学びはかけがえのない経験となりました。

この歳になってから、ここまで自分について
考えたことはなかったですし、
それを親友や連れ合いなど親密な人以外と
共有するという経験も今回参加していなければできないことでした。

仕事はもちろんですが、
私生活においてもとても役に立つものであると思います。

三日間、本当にありがとうございました。」

 

「自分自身の資質を知る事で学び、勉強になった。

強いチーム作りも出来たうえに、
素晴らしいミッションも掲げられた事に、非常に満足している。」

嬉しいお言葉をいただきました。励みになります!

たった3日、されど3日。
チームの皆さんといかに濃い時間、濃いコミュニケーション、
真剣に事業に向き合われたかが分かっていただけたのではないでしょうか?

 

 

お客様みなさんが持ってる、
情熱を形にしたい

事業に磨きをかけるための「答え」を知っているのは、
いつの時代でもその会社の経営者とチームの皆様ご本人たちです。

ですが、
事業の今後を考える時間がない…
どうやって動いていったらいいかわからない…

チームがバラバラで理解してもらうのが大変、
など内的要因によって思考・行動できていないことが現状の大半です。

 

中小零細企業における最高のチームは、
社員が自律し行動を生み出すエンパワーメント企業。

チームが自発的に、貢献にむけて目的を共有し
活動していく基盤づくりを行う3日間となります。

あなたの会社や事業がいきいきと動き出す。
そんなお手伝いができたら幸いです。

 

[公開セミナー]
●ストレングスファインダーで強み発見!セミナー
https://goo.gl/forms/0mYHwh7x1rN0TS6H3

●リアルブランディング入門講座
https://goo.gl/forms/rwoBsLgD2UFPa40g1

▶[申し込みフォームをご利用の方]お申込みはこちらのリンクからお願いします。
▶[FAXをご利用の方]FAX用セミナー申込み用紙をダウンロードして送信してください。

 

[お問い合わせ・メルマガ]
●最新のセミナー情報をいち早くお伝えするメルマガ登録はこちら
https://goo.gl/forms/gEpZ7OnHXzIYTt3y2

●アドハウスパブリックへのお問い合わせはこちら
https://adhpublic.heteml.jp/www.adhpublic.com/inquiry.html

企業ブランディング 山形 ハウスビルダー[ロゴ、リブランディング]

2017年2月27日

『新しいデザインを受け取るたびに、 さらなる上昇志向が芽生えてくる。』
山形県の置賜地域において、エリアの気候風土を踏まえた高性能・高品質な住まいを提案するハウスビルダー。2011年に「シエルホームデザイン」のブランドを立ち上げました。
デザイナーズ家具通販サイト「Gino(ジーノ)」では、山形を中心に全国配送を展開。 住まいと家具、2つのブランディングに関するエピソードをうかがいました。

 

 

――ブランディング導入に至る経緯と、当時の課題意識についてお聞かせください。
当社で家具事業(通販サイト Gino)を立ち上げる際、 ブランドのネーミングとロゴデザインをお願いしたのが始まりです。
「工務店でありながら、しっかりとした家具事業も展開している」という明確な見え方を作っていただきました。
打ち合わせを重ねる中で、住宅の「シエルホームデザイン」というブランドについて、
もっとブラッシュアップできるのでは?というご提案をいただき、
今後の展開を視野に入れたブランディングを依頼することに。
課題意識については、まだそのとき、 当社が目指す“高級感”や“くつろぎ”を体言するような
デザインやコンセプト設定がなかったということですね。
ロゴデザインも自分たちで作ってきたので、
ここでブランディングのプロにお願いしたいと考えました。

 

――「シエルホームデザイン」は、ブランディングがすでにスタートしていたと。
そうですね。
パブリックさんと出会う以前は、ロゴもチラシも社内で作っていました。
でも、もう少し方向性を整理した方が良いと思っていた時期で… 絶好のタイミングで声を掛けてもらったと思っています。

立ち上げから2~3年でリブランディング(ブランドの再生)という流れになりましたが、
Ginoの提案がとても素晴らしかったので、 「信じてみよう」と。

まずは「SWOT分析とブランドのタグラインに取り組んでみてはどうか」というお話があり、
「あれ?デザインじゃないの?」という感想でした(笑)。

でも本当にやって良かった!

正直なところ、当時はリブランディングについて社内の温度差がありました。
そのために全体会議を何度も実施していただき、 みんなの意見を出し合ってようやくカタチに。
そのプロセスのおかげで“社としての一体感”が生まれました。

 

 

 

――ブランディングの手ごたえを実感されたのはどんなときですか。
ロゴ、タグライン、カタログ、HP…見栄えが変わると、
お客様の反応がどんどん良くなってきました。
それに伴って競合他社さんも変わったかな?と思います。
以前は地元の工務店さんが競合でしたが、
今ではおかげさまで大手ハウスメーカーさんがほとんどですね。
お客様からお褒めの言葉もたくさんいただきます。

今振り返ると、ブランディングを依頼していなかったら…と考えると怖いですよ(笑)。
お客様からの見え方ってすごく大事です。パブリックさんとお付き合いさせていただく中で教えてもらいました。

新しいデザインやご提案をいただくたびに、
「もっと上を目指そう」という気持ちが湧いてくるのは、
当社が「何をしたいのか?」を分かってくれているから。
表現が的確なんです。
依頼して良かったと強く思います。

 

 

――これからの取り組みや展望についてどのようにお考えですか。
現在、TVCMの制作をお願いしています。
これは当社としての新たな取り組みで、「置賜地域NO.1」を狙えるのでは?と思えるところまで
やっとたどり着いた感じです。
まずはそこを固めて、将来的には「山形県内No.1」を目指していきたい。
いよいよ次のステップに来た!という想いです。

当時は「置賜地域NO.1」なんて、夢のような話でしたから。
地域に貢献できる武器をたくさん与えていただき、
磨きをかけていただいたことに心から感謝しています。

 

 

 

<企業情報>
企業名:株式会社ホリエ
所在地:〒999-0604 山形県西置賜郡飯豊町椿2529
創 業:昭和6年
従業員数:21名 URL:http://www.cielhome.jp/
※取材当時

商品ブランディング事例 新潟 エディブルフラワーを全国に! 想いがつまった新規事業の成功ストーリー

2017年2月27日

“人生を賭けた”ブランディングが、 大きな感動と相乗効果を生み出した

阿賀野市にある株式会社 脇坂園芸は、食べられる花「エディブルフラワー」の生産・販売を2013年から本格的にスタートしました。

「エディブルフラワーの聖地を創る」をキーワードに、直売所「エディブルガーデンSoel(ソエル)」も運営しています。

6次産業化における新ブランド立ち上げについて、脇坂裕一様にお話をうかがいました。

 

――ブランディング導入に至る経緯と、当時の課題意識についてお聞かせください。
食べられる花“エディブルフラワー”は、全国的に見ても生産者が少ない分野で
「6次産業化・新ブランド」といっても、まだ何をどうして良いのか手探りの状態でした。

行政センターの紹介で関本社長にお会いしたのですが、
正直、当時は「PRなんて自分たちでやれば良い」程度の認識でした。

例えば、機械、建物、商品などは目で見ることができますが、 ブランディングはカタチのないものにすべてを託す…ここが大きく違うところです。

私達は、完全にゼロからのスタートだったので、 事業計画の根本から相談にのっていただきました。

 

 

――ブランディングの必要性について実感されたのはどんなときですか。
実は当初、自作でブランドロゴを考えていたんですよ。
それを社長に見せて「プロはどんなデザインを提案してくれるだろう」と。

…いや、まさに圧巻でした!

高度なデザインであることは当然ですが、 女性というターゲットを明確に意識し、
今後の展開を見据えた提案も頼もしく、 ブランディングの重要性をヒシヒシと感じました。

社長には「人生が掛かっているんだから頼むよ」と懇願しましたね(笑)

最初はBtoB(飲食店向け)として食のイベントや商談会等で認知度向上を図る、 のぼりやポスター、リーフレットを、次にBtoCで直売所の店舗ネーミングをはじめ、 商品パッケージや販売方法、展開案など幅広くアドバイスしてもらいました。

おかげさまで大忙しになりましたよ(笑)

 

――全体のプロジェクトの中で、特に「依頼して良かった」と感じた点は。
やはりクオリティーの高さが一番です。

また、関本社長に各分野で活躍する「人」を紹介していただいたことも後々の反響につながったと思います。
さまざまなメディアに取り上げてもらったことも相乗効果のひとつ。

総合的に言うと「ブランド構築は感動を呼ぶ」ということです。

デザインやメッセージ、売り方、見せ方が、人の心を動かすのですね。

 

 

――これからの取り組みや展望についてどのようにお考えですか。
法人化して3年が経ちました。

販路拡大、社員増員、ブランドの認知度や売上の向上と、順調に推移していますが、
全国的にはまだまだという想いもあります。

無農薬で安心であるという点をさらなる差別化につなげていきたい。
提案していただいたブランドメッセージの一文である
“Carpe diem”=その日の花を摘め(古代ローマの詩に登場する語句)の意味合いに添って、
「今という時を大切に」しながら、企業存続のために全力を尽くしたい。
食分野における新しいコラボレーションも考えていますので、
パブリックさんとは長いお付き合いになりそうです(笑)

 

<企業情報>
企業名:株式会社 脇坂園芸
所在地:〒959-2053 新潟県阿賀野市境新128
従業員数:9名
https://www.facebook.com/edibleflowerwakisaka/
※取材当時

POPULAR